赤ちゃんがいる家庭でも安心して使える暖房器具について

赤ちゃんがいる家庭にとっての暖房選びで一番重視するところは、赤ちゃんがやけどなどをしないという安全性ではないでしょうか。
赤ちゃんがやけどをしない暖房といえばエアコン、オイルヒーター、遠赤外線ヒーターなどがありますが、このなかで遠赤外線ヒーターをおすすめしたいと思います。
まず、エアコンについてですが安全性は高いとは思いますが、使用できる部屋が限られてしまうのと床付近が暖まりにくい、人によっては温風が直接体に当たるのが苦手という問題があります。
オイルヒーターも赤ちゃんがやけどをする危険性は少ないとは思いますが、本体が重たかったり電気代が高くなってしまったりという欠点があります。
遠赤外線ヒーターも電気代はエアコンよりも高いとは思いますが、赤ちゃんが本体にさわってしまっても高温やけどをするような温度にはなりません。
そして重量があまり無いので部屋の移動も簡単ですし、本体が倒れてしまったときの安全性も高いと思います。

遠赤外線ヒーターをさらに安全に使うために、最低限の安全機能がついているものを選んでください。
最低限の安全機能とは

  • 転倒安全装置
  • 過温度防止機能
  • 赤ちゃんの指が入らない安全柵

といった機能のことです。
転倒安全装置は地震などで本体が倒れたり傾いたりしたときに自動で電源がオフになる機能のことです。
過温度防止機能は本体にシーツなどがかぶさってしまい異常高温になりそうなときに、電源がオフになる安全機能のことです。
最後の安全柵はヒーター部分に赤ちゃんの指が入りそうな大きな隙間が無いものという意味です。
大抵の遠赤外線ヒーターにはこの3つの機能はついているとは思いますが、念のためこれらの安全機能がついているか確認してから購入してください。

参考サイト

赤ちゃんがいる家庭におすすめの遠赤外線ヒーターについては下記サイトでさらに詳しく紹介されています。
>>赤ちゃんの暖房器具 ランキング